Life is Basic

  • home
  • information
  • Concept
  • collection
  • feature
ONLINE SHOP
line

#008_Classical Button down 【 For Men 】

プリント

プリント

#008_tobira_02newvc

こだわりのメンズシャツをつくりました。
コットン100%、洗いざらしのボタンダウンです。

 

 

『 Life is Basicの定番となるメンズボタンダウン_#008 』

 

 

①生地
日本有数の先染め生地の産地である西脇産の生地を使用。
「ヘビーオックス」と命名したタテ糸に40番手の糸を引き揃え*
ヨコ糸の16番手双糸打ち込んだ厚手でタフなオックスフォードです。

 

*引き揃え
2本以上の糸を撚らずに平行に並べ、1本の糸の様に織ること。

 

 

②こだわりのディテール

ベテランのパターンメーカーを起用し、伝統的なアメリカン・トラッドのボタンダウンシャツの仕様を踏襲しました。

▸表前たて
前立ての強度を考えたディテール。クラシックな4cmに設計。
▸センターボックスプリーツ
背中にゆとりを持たせ、肩周辺が動かしやすくなります。
▸ハンガーループ
別名「ロッカーループ」。かつてのアイビー・リーガーがロッカーのフックに引っかけるために作られたものです。
▸着丈
着丈75cm(M)と少し緩めの脇のカーブでタックイン、タックアウトでも美しいシルエットを実現しました。
▸ステッチ
生地を巻き、二本針のダブルステッチで縫うことで縫い目の強度があがり、またナチュラルなシワ感が味になります。
▸ボタン
貝ボタンの中でも最高級と言われ、古くからアクセサリーのパーツにも用いられる‟白蝶貝”のボタンを使用。最高級と言われるには理由があります。‛ボタンが持つ天然の輝き’これこそがその理由です。天然の貝をくりぬいて作るため、同じものが2つと存在せず、付いているボタン全てが異なる輝きを放ちます。そしてボタン最大のこだわりは「根巻き仕上げ」という方法で、職人さんにひとつづつ手縫いで付けてもらっていることです。取れづらく、必要以上に生地に穴をあけないので生地へのダメージも少なく、裏の仕上がりもきれいです。

 

 

そして、一番のこだわりは「衿」の作りです。
▸衿のロール
ネクタイを締めても、はずしても立ち上がりの美しさが引き立ちます。タイをしたときに出る衿のロール、タイを外した時の美しさを意識し衿の開きは「8cm」にこだわりました。台衿の高さやシェーブ、衿羽根のサイズ、ボタンの絶妙なバランスで衿元の美しさを実現しました。
▸衿のバックボタン
洗いざらしでもボタンを留めることによって、衿の形を保つ効果があります。そして、タイをした時の収まりもよくなります。

 

 

 

カジュアルフライデーが世の中に浸透してきた昨今、
こだわりのボタンダウンシャツで、週に1度、ご出勤は如何でしょうか??

プリント

150_354プリント60_354プリント150_354