Life is Basic

  • home
  • information
  • Concept
  • collection
  • feature
ONLINE SHOP
line

#006_Selvedge Chinos

プリント

プリント

 

 

 

#006_tobira_02dsdssa

こだわりのチノパン作りました。
これがLife is Basicの「Selvedge Chinos」です。

 

 

『 Life is Basicの定番となるセルヴィッチ チノ_#006 』

 

 

①力織機で織った生地
力織機を取り扱っている岡山県の工場で織った生地、セルヴィッチウエポン
<WP8050-SV>*を使用。
(力織機とは・・・動力を使用する織機のことで、1785年にイギリスのエドモンド・カートライト氏が発明。)
力織機は、職人さんが織りスピードを調整しながらゆったりとしたテンションで生地を織ることができます。その時代には躍進的な存在であったに違いないこの織機も、今となっては機械の進歩により生産性に乏しい織機となってしまっているそうです。それでも未だに使い続けられている理由は、やはりこの機械から生み出される絶妙な風合いの生地に魅せられているからではないでしょうか。
この生地は力織機で織られた為、表面はきれいめな若干光沢のある表情をしていますが、適度な凸凹感があり、柔らかな風合いに仕上がっています。

 

 

*セルヴィッチウエポン<WP8050-SV>
タテ糸に36/2、横糸に24/2と共に双糸のウエポン生地を
シャトル織機(力織機)で織っています。

 

 

 

②セルヴィッチ
生地の両端がほつれないようにつけられた耳の部分のことをいいます。
デニムにはよく使われる生地、ここ最近では街中でもよく目にすることが多くなりました。このセルヴィッチが選ばれる理由は、ほつれないよう頑丈に縫われている生地ということと、なんといってもヴィンテージ感でしょうか。ちなみに、私たちが採用したセルヴィッチは、赤耳と呼ばれる赤いステッチが入ったものではなく“ステッチのない両耳セルヴィッチ”です。よく見ると実はセルヴィッチ・・・というさり気なさが、より大人のチノを演出してくれます。

 

 

 

③パターン
股上はやや深めの作りにし、パンツ後ろにダーツを入れているので、腰まわりはソフトなフィット感です。太ももまわりには少しゆとりをもたせ、裾にかけて細くなるテーパードシルエットにすることにより、スッキリとした印象に。さらにアンクル丈なので裾まわりがもたつくこともなく、ロールアップしてもヒールなどと合わせれば、大人の女性が素敵にはけるきれいめなチノパンになっています。

 

 

 

これがLife is Basicのこだわりのチノパン「Selvadge Chinos」です。
カジュアルチノから大人チノへのバージョンUPしてみませんか?!

 

 

プリント

kanrenbnプリントbnプリント